台風7号、沖縄本島に最接近 九州は夜から一部暴風域に

 台風7号は2日午前、沖縄本島に最接近した。九州は2日夜から3日にかけて大雨が降るところがあり、一部で暴風域に入る見込みで、気象庁が注意を呼びかけている。  気象庁によると、2日午前9時現在、那覇市の北北西約130キロを時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。  3日午前6時までの24時間雨量は、最大で沖縄150ミリ、奄美200ミリ、九州南部300ミリ、九州北部100~150ミリ。4日には日本海へ抜け、温帯低気圧になるとみられる。

冲绳, 台风是离暴风雨最近的九州。

 在冲绳岛的主要岛屿上, 凌晨2点的台风是最接近的。 九州距离6月3日第二夜的暴雨, 预计在一些气象机构中进入风暴呼吁谨慎。  根据日本气象局, 2 9:00 31, 130 公里西北在20公里每小时北部是去。 中心压力是965毫巴附近的最大风速为35米, 最大瞬时风速50米。  3, 6:00 24 小时降雨量在冲绳, 奄200毫米, 300 毫米, 南九州九州北部100-150 毫米上升150毫米。 观测到日本海4天, 进入温带气旋。

推荐阅读