建築では、平安時代以来の日本的な柔らか

建築では、平安時代以来の日本的な柔らかな美しさを持つ和様が広く用いられていたが、鎌倉時代には新たに大陸から大仏様と禅宗様が伝えられた。大仏様は鎌倉時代初めの東大寺再建にあたって、大陸的な雄大さ、豪放な力強さを特色として東大寺南大門が代表的遺構である。禅宗様は細かな部材を組み合わせて、整然とした美しさを表すのが特色で、鎌倉時代中期から円学寺舎利殿などの禅寺の建築に用いられた。また、大陸から伝えられた新様式の構築法の一部を和様に取り入れた折衷様も盛んとなった。
换一下

Advertisements


随心学


品物はずらりと並んでいるが、どれを見てもべら棒に高いものばかりであるから、私は一溜まりもなく欲望がなくした        

本站小程序


提供日语翻译、文字识别、中日词典、日中词典、日文歌词等功能,同时还有其他众多实用工具。