景況感、2四半期連続の悪化 貿易摩擦を懸念 日銀短観

 日本銀行が2日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標の大企業・製造業の業況判断指数(DI)がプラス21で、前回3月調査結果(プラス24)から3ポイント悪化した。悪化は2四半期(6カ月)連続で、2四半期連続の悪化は5年半ぶり。原油高や人手不足が企業の経営を圧迫しているほか、トランプ米政権の保護主義が鮮明になり、貿易摩擦が深刻になるとの懸念も強い。大企業・非製造業のDIはプラス24と4期ぶりに改善した。  また、人員が「過剰」とする企業の割合から「不足」を引いた雇用人員判断DIは、全規模・全産業でマイナス32と前期比2ポイント改善した。  3カ月後の先行きは、大企業・製造業が横ばいのプラス21、非製造業が3ポイント悪化のプラス21。輸出企業を中心に、米政権の保護主義的な政策への懸念が、企業の見通しに影を落としている。  短観は日銀が3カ月ごとに全国の約1万社に景況感を聞く。DIは景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」を引いた指数。3月調査から対象企業を見直したことに伴った調整で昨年12月の指数が変わっている。(柴田秀並)

情绪, 2 连续季度贸易争端恶化涉及日本央行短观调查调查。

 6月2日日本银行宣布的国家企业短期经济调查 (短观调查) 是加21企业是制造业扩散指数的主要指标 (DI) 前3月调查 (加 24) 3 点更糟。 更糟糕的是, 2 季度 (6 月) 连续2季度的恶化是五和半年的武里。 对贸易摩擦的强烈担忧变得严重, 除了劳动力短缺和高油价已经挤压公司压倒美国政府保护主义变得清晰。 大公司和非制造商 DI 改进加24和武里4阶段。  此外, 就业人员的比例 过度 减去 不足, 在所有规模和所有行业和减去32点从去年改善。  经过3月的大公司制造, 加上21平, 非制造业3点差加21。 关注美国政府保护主义政策的出口商给公司的前景蒙上阴影。  短观调查央行每3月就会听到10000家公司的人气。 DI 的 坏 减去公司的百分比回答了 好 的经济指数。 在调整与3月从研究审查了公司那去年12月的索引被改变了。 (柴田, 并排)

推荐阅读