家電とは違うアイボ 開発者「ビジネス続ける決意必要」

 ソニーのロボット開発に一貫して携わり、旧型と新型の両方のアイボを詳しく知るシステム研究開発本部開発戦略部統括部長の藤田雅俊さんに話を聞いた。 アイボ復活、鍵は「机の下開発」 有志が空き時間に試作  ――ソニーでアイボの復活が具体的に動き出したのはいつごろでしょうか。  「対外的な発表は、(社長の)平井さんの2016年6月の経営方針説明会でしたが、実際にはその1年ほど前に動き出しています。15年ごろまではソニーは事業環境が厳しく、その改善が急務でした。それが一段落し、今後の新しいビジネスの種を考えたときにAI(人工知能)とロボティクスを組み合わせた事業領域が出てきました。その象徴的な商品として新型のアイボの復活は位置づけられました」  ――藤田さんが、復活を強く主張されたのですか。  「いいえ。私はかなり中立的で…

不同的消费电子和爱开发商 应该继续业务。

 与索尼机器人相一致, 爱对新老学习系统研究开发分部开发部门主任 Fujita 正发言。 爱复兴, 钥匙为下的案头志愿者忙碌的审判--索尼爱的复兴, 具体是在任何时候移动?。  对外公布6/2016 平井一夫 (总统) 管理政策简报实际上是在一年前推出的。 直到大约15年索尼操作, 改善迫切地需要。 机器人与人工智能的结合 (人工智能) 当考虑到这类业务的解决, 我们的新业务领域已经出现。 复兴爱的新地位作为一个标志性产品 -强烈坚持恢复 Fujita?。  没有. 我相当中立。

推荐阅读