老舗百貨店の大沼、出資受け入れ 赤字続き、店舗改装へ

 創業300年を超える百貨店大沼(山形市七日町、資本金5千万円)は25日、外部の企業再生ファンドから出資などの支援を受け入れる覚書を締結したと発表した。数億円規模の増資で、山形本店と米沢店を改装する方針という。 【特集】再起へ模索続く百貨店業界  締結の相手はマイルストーンターンアラウンドマネジメント(MTM、東京都)。投資を通じて企業の再建を目指す会社で、盛岡市の商業施設「ななっく」や兵庫県姫路市の百貨店の再生などを手がけてきたという。2018年内をめどに再建計画を立てる。出資後には、大沼の事業の主導権を握ることになる。  記者会見した大沼の児玉賢一社長は「資金調達や社会変化に、自助努力で対応する能力が欠けてきた。大沼を発展、拡大させる中での決断」と語った。当面、大沼の屋号は使い続けるという。1日現在の従業員数は238人で、児玉社長は「人員削減は考えていない」と説明している。  大沼は1700年創業の老舗百貨店。2000年には約200億円の売り上げがあったが、17年2月期決算では85億円で4期連続の赤字。インターネット通販の普及などが業績悪化の原因という。  山形市内では、JR山形駅前の十字屋山形店が売り上げの低迷などを理由に1月末に閉店する予定。大沼の児玉社長は「山形の地に百貨店をなくしてはならない」と語った。(望月愛実、田中紳顕)

上午沼, 完全接受赤字更进入商店装修

 百货商店超过300年沼 (山形市第七镇, 资本5000万日元), 宣布它签署了一份谅解备忘录接受支持这样投资从外部企业重组基金, 25。 该公司计划翻新米泽和山形本的门店, 以增加数亿日元的资本。 [特别问题] 百货公司行业的反对者结论导致复出摸索是一个里程碑式的周转管理 (美国东京, 日本)。 公司改组, 旨在投资于盛冈商业 凡人我去 和工作, 如在姬路市, 兵库县的百货公司。 2018在重建行动计划。 将采取沼业务倡议, 投资后。  与沼儿的记者会 一直缺少资金筹集和社会变革的能力。 沼在决策中发展壮大, 并表示。 我暂时说, 继续使用沼湖。 1, 目前的员工人数是 238, 儿总裁告诉 削减不认为。  沼是一家老牌百货商店, 成立于1700年。 在 2000年, 有销售大约¥ 200亿, 8500000000 日元在2/17 结束了第四失去连胜。 恶化导致了互联网购物的传播。  将跨 yayama 造型店门前的 JR 山形站, 在山形市的销售停滞关闭, 因为在1月底。 儿总裁沼说, 山形区百货公司失去的不是。 (发音爱望月山崎和田中新)

推荐阅读