日语精彩阅读(文学30篇)

1.万葉集  万叶集# C5 , l; Q& T2 h% o; X
  日本に、大和地方を中心とする古代国家が誕生したのは4世紀の後半だ。このころから、中国文化の影響を受け、漢字を用いて歌が書かれるようになった。『万葉集』はこのような時代に成立したものだ。作者層は、天皇、皇族から広く庶民にまで及んでいて、歌の数は4500週にもなる。各作品の年代は4世紀ごろから8世紀後半までの450年もの長期間にわたっている。
6 a. A+ L9 t6 " D) t
% ^3 K7 l7 F8 q& z% B3 P0 j6 u" N

- @: t3 J4 @3 W* M1 V' y
:4世后半期,在日本出了以大和地方中心的古代国家。从那起,人们开始受到文化的影响,并使用了歌。《万叶集》就作于期。共收歌达4500首,作者既包括天皇和皇室成,也有一般庶民。作年代从48,跨越450年之久。

2.竹取物語  竹取物
4 A& l& p# P7 ]# Q2 {3 n+ ) g: f, A5 S
  『竹取物語』は平安時代前期に作られた作り物語である。作者は未詳で、学者か僧などの知識人がそれまで口承文芸として伝えられたものをまとめたものと思われる。現存する日本最古の物語であり、「伊勢物語」や「源氏物語」などの物語文学に与えた影響は大きいと言われる。% ^( H* q* h  z1 K; {, 5 @

! o; ]0 T5 ~# Y% y" |% z0 f
6 Y3 i5 Z  g  Y" s
:《竹取物》是平安前期作的故事。作者不。一般认为学者或僧等知分子把作口承文学流下来的故事总结,从而完成的。是日本存的最古老的故事,据说对《伊》、《源氏物》都生巨大的影响。

3.古今和歌集   古今和歌集
# C4 m% N" S5 o
  『古今和歌集』は、醍醐天皇の勅命によって編まれた初めての勅撰和歌集。延喜五年(905年)頃成立。略称『古今集。』真名序は紀淑望、仮名序は紀貫之が執筆した。和歌集としてだけでなく、古今和歌集仮名序は日本最古の歌論としても文学的に重要である。平安中期の国風文化確立にも大きく寄与し、『枕草子』では古今集を暗唱することが平安中期の貴族にとって教養とみなされたことが記されている。
3 P6 F; {- {+ C$ M( t# _* s1 @- S
) x. ?; h6 r1 Y$ [!
; o$ q; l8 U! n/ G# F
:《古今和歌集》是奉醍醐天皇的皇命著而成的敕和歌集。延喜五年(905年)左右完成。称《古今集》。真名序由淑望,假名序由纪贯笔。不是作和歌集,古今和歌集假名序作日本最古老的歌,在文学史上都具有重要的作用。平安中期国文化的确立献也很大,在《枕草子》中记载到,背古今集被看作是平安中期族的一

4.百人一首   百人一首5 ?* g! W! g6 ^
  「百人一首」とは、百人の歌人の歌の一首ずつ集めたもので、藤原定家の撰といわれている。「百人一首」の歌の時代は古代から中世初期、つまり古代国家が確立した天智天皇の時代から皇室を中心とする貴族時代が終わる後鳥羽、順徳天皇の700年にわたっている。
1 a) s% M/ S6 o
  恋の歌が43種と半分近くを占め四季の歌が32首とそれに続いている。
' a/ c# ?! x# i7 W- B1 ^
4 y  e1 I1 {* B1 ^4 |" o
+ H& z" s5 V! p$ m, C
百人一首是指在100名和歌人的作品中各一首诗汇集成册的和歌集,据是由藤原定家选辑的。百人一首”中和歌的年代是自古代至中世初,即从古代国家确立后的天智天皇始,到以皇室中心的束即后羽及德天皇止,历时700年。歌43首,占将近半数;四季歌32首,居于第二位。

5.枕草子   枕草子
0 X4 {! b9 y# Z+ R: j
  『源氏物語』が書かれ始めるわずか前の1000年前後、清少納言によって、新しい文学形式である随筆『枕草子』が書かれた。紫式部が宮廷生活を写実的に描いたのに対して、清少納言は心に感じたことを豊かな感受性で描いている。簡潔で独創的な鋭い文体は批評的であり、時には哲学的でさえある。
& _0 K% H$ e, m+ Q- Q
8 k7 w% " F% ~: B' a8 v
9 Q4 M2 h0 i% I- n( C
:大1000年,即《源氏物笔前不久,清少言以一新的文学形式——随笔,作了《枕草子》。紫式部以写的手法描写了廷生活,而清少细腻的感受力描述了自己的内心世界。她独这种文体精利,很具有批判精神,有些地方甚至极富哲理。

6.源氏物語   源氏物語
) Z) o1 G& i% @9 R8 _. n$ G  Q/ C0 x+ T
  作者は紫式部、物語は54巻からなっている。物語は光源氏の誕生、愛の遍歴、出家を願う姿、死、主人公の死後残された人々の世界が、雄大な構想の中に語られている。世界最古の長編小説としても名高く、陰影に富んだ美しい文体、、巧みに配された和歌、そして人物の性格や心理描写など、『源氏物語』は中世から近代の作家に大きな影響を与えてきた。
) c! a3 K0 {+ A5 I( K. E# p2 X
: P2 N% U% @5 d

- _4 D" b- h% ?* c4 f* L! S
  H& g( o3 z/ B/ s9 W
:此作者是紫式部。全共分54章。作品通过庞大的构思,描了光源氏的生、恋爱经历、决心出家、死亡,以及主人公死后其他有人物的生活。《源氏物語》作世界最早的篇小而著称于世。它那含蓄的文体,巧妙插写的和歌,以及人物性格、心理的描写,都中世乃至代作家以很大影响。

7.平家物語   平家物語9 p( }/ Y: I2 [( c3 _% |7 k  u8 t
  平家一門の繁栄から没落までの過程を描いて、軍記物語の代表作である。作者は未詳。琵琶法師という盲目の芸人が、琵琶を伴奏にして『平家物語』を語り広めいていく中で、多くの作者たちによって物語は統一されていったと思える。文章は雅語、俗語、仏語、漢語などを自在に取り入れた和漢混交文で、全体に仏教思想が流れている。2 E& ?  J* F8 L

4 V0 B3 f1 H# r2 k8 V' B
* S% X1 V/ y5 x8 r, W& v; {
:描述了平家一族从繁到没落的程,是事小的代表作。作者不。一般认为,双目失明的人琵琶法用琵琶伴奏的方式,向人们弹唱《平家物語》,后来又经过许多作家之手,一成在的子。小中,、和文字交替使用,、俗、佛教用字运用得当自如,全自始至宗教色彩。

8.井原西鶴  井原西& P/ V' ^! l, j* Z( Q
  商人の町、大阪では1642年(寛永19)に生まれた。革新的な俳諧師として活躍する一方、浮世草子の作者として『好色一代男』や『日本永代クラ』など、人間の欲望や享楽的な生活お描いた作品を数多く発表した。西鶴は江戸時代の人々の生活を現実的に描いた。その内容から好色物、武家者、町人物、説話物に分けることができる。
" q/ i3 h# K/ X! A
6 d" v7 J! o  Y3 l% I) i

: W3 o. _0 c7 |, r5 X4 Z+ |; t
:1642年(永19)生于商人之城——大阪。作改革派俳谐师于文,同作了《好色一代男》《日本永代藏》等浮世草子,表了多描写人的欲望和享生活的作品。西现实的手法描写了江户时代人的生活。他的作品按内容可分言情篇、武士篇、町人篇和海外见闻篇等几种类型。

9.松尾芭蕉   松尾芭蕉
6 O" R5 c5 e. Y6 ^
  松尾芭蕉は俳聖と呼ばれ、日本だけでなく、世界の詩人として、その作品が愛唱されている。人生は旅であるとの認識があり、また、自然を愛し、風雅の誠を極めるため、しきりに旅を繰り返したと言う。『奥の細道』には芭蕉が東北各地を旅行したときの風物、人情などが簡潔な文章によって書かれていて、紀行文の典型と言われている。文中には51句の俳句がはさまれている。
8 E- l2 6 o- S# K
: R6 G7 H8 W+ Q/ O* z0 x
2 H( w0 v8 E' Z) Q9 i3 e6 H
:松尾芭蕉被称俳圣,不只作日本的人,作世界的人,他的作品被广泛传诵认为人生就是旅行,热爱自然,了探究雅之情,他常反旅行。在《奥州小路》中,芭蕉用精的文笔,描北旅行中的土人情。篇游堪称游文的典范。文中插有51首俳句。

10.与謝蕪村   谢芜# G- K1 ?& a8 R: c; P
   松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨臣の一人であり、江戸俳諧中興の祖と言われる。また、俳画の創始者でもある。彼は『芭蕉に帰れ』と主張し、絵画の語である『去俗論』を俳諧にも適用して、芸術的純粋を求めようとした。その句は客観的描写の中に感覚的な美しさを融和させた詩境を描くもので、古典趣味や空想的なロマン性を豊かにそなえたものも多かった。
; h6 J4 r: l% Q) V/ K& b.
- w7 Z; c' j* d' ~" S* P" T
! X+ y) b% k  g) B7 k9 L# q( x& N
:与松尾芭蕉,小林一茶并称的江巨人之一,被称始祖。另外,他也是俳画的始人。他主芭蕉”,画用去俗适用于俳,希翼追求艺术粹性。他的俳在客地描写中,表了融合了感之美的境,多古典趣味及具有丰富空想浪漫性之作。

11.俳句  俳句( L: g, R0 d: k
   俳句は俳諧連歌の発句に由来し、明治時代に正岡子規らによって始められた定型詩の一形式である。五・七・五の音数率(モーラ)を持ち、特定の季節を表す季語を含むのが特徴である。季語については和歌の影響もある。「季語」や「切れ」の制約が存在する。広く俳諧を含めることもある。9 E- ~) V5 G9 T
9 q  Q/ J( E# f$ T# X( w
, x; G; C6 n8 ?* o
:俳句来源于俳谐连歌的第一句,是明治代由正等人开创的定型的一形式。其特征音律是五、七、五,包含表特定季的季节语。在季节语方面受到了和歌的影响。存在“季节语、“断句”的制广也包含俳

12.小林一茶   小林一茶% J1 q2 D# S# }- J7 b- R; u) J
   彼の句には、その逆境の体験から生まれた、独特の主観が強く示され、既成の風流間にとらわれない素材や、俗語・方言の使用などによって、近世には珍しい「生活派の俳人」として高く評価されている。
' }( p% q2 O( u9 ^  o% _
0 a! U6 S7 d5 h, K( }; j
8 c. l& i! K' ~: _8 Y% f' o
:从他的俳中,可以烈感受到从逆境体生的独特主性,利用不拘于既有的的素材、俗、方言,成今世罕的“生活派俳人”,被高度价。

13.森鴎外   " F% E/ z/ `$ W" L) m) u
   島根県に生まれた。20歳、東京大学医学部を卒業する。1884年、23歳のときドイツへ官費留学した。帰国後、官途と並行して文学の活動を始めた。訳詩集「於母影」小説「舞姫」を始め、翻訳「即興詩人」評論などがある。西欧の近代の視点で日本の現状き見る彼の活動は、近代文学の源流となった。軍医として最高位をきわめ、文学上の功績も著しく、そのほとんどのジャンルの指導者でもあった。5 e! N; |8 J  z

) T) X8 j( t9 D0 ^! U3 ?' c
4 e8 e( n  J0 R) R! w  
:生于。20岁毕业京大学医学部。1884年公赴德国留学。国后,一从事仕途,一边开始文学活。作品有译诗集《母影》、小《舞》以及翻《即兴诗人》等。他的文学活从近代西欧的点来看待日本的状,成近代文学的源。作为军医地位赫,在文学上又功卓著,在各个文学域都有所成就。

14.舞姫   
  j3 N' ?# r, P# f' e8 c1 h$ l
   『舞姫』は明治二十三年『国民之友』に発表された鴎外の出世作の短編小説である。本作は明治新文学の発生期を画する近代浪漫的精神に溢れた名作で、従来の戯作調を排した清新な異国情緒と典雅な和文体が当時の若い読者を魅力した。その美的な要素は運命悲劇独特の感傷に基づいてもいるが、本作の内実する悲劇性の緊迫感は、主人公豊太郎の苦悩が青年鴎外の当年の内面的自画像投影である点にも原因している。$ M4 V' f$ t6 [& @9 K  L. _$ m
* x2 g& U2 X5 P5 S4 o! K8 F% t
" t3 J! N  [! r& F! n9 w* p
:《舞》是表于明治23年的《国民之友》的短篇小,是森外的出世之作。本作品洋溢着近代浪漫精神、是明治新文学具有划代意的名作。它排除了以前的作格,其清新的异国情和典雅的和文体吸引了当的年轻读者。其美的要素是基于命运悲的独特感之上的,但是本作品内在的悲性的迫感,也是因主人公丰太郎的苦正是年欧外当年内心自画像的投影。

15.夏目漱石と「坊ちゃん」    夏目漱石与《哥儿》
! � H8 [5 m% I8 P2 y5 V
   坊ちゃん——明治初年、舞台は田舎の城下町、江戸っ子の見た田舎の人情風俗を通して、坊ちゃんの社会、風俗への批判精神が興味深い。彼は日本人の好む典型的な性格だろう。
- W8 ^- C: x: E* X. p+ t
   夏目漱石(1867-1961)は、英文学専攻の学者として出発したが、1905年『吾輩は猫である』で文名があがる。他に『草枕』『三四郎』『それから』『門』『心』など。' Y0 D! M7 O( d: W

3 P! i* M9 L. ^8 J
( p1 s. E% ]! i  q/ ^, O
:《哥儿》——作品借一个来到下的江青年之所,描写了明治初年下小土人情,批了哥儿所的社会、俗。趣。也,哥儿就是日本人喜的典型性格吧。
2 ]$ U8 {: l; ]" W& ]# }       夏目漱石(1867-1916)起初
攻英国文学。1905年表了《我是猫》,从而确立了他在文的地位。此外,他著有《草枕》、《三四郎》、《其后》、《》和《心》等作品。

16.樋口一葉   樋口一叶" H! [: n# J, Q! r7 T6 M, i
   樋口一葉(1872-1896)は東京府出身の、日本文学の小説家、作家、歌人である。近代以降では最初の職業女流作家である。24年の生涯の期間に近代文学史に残る作品を残した。『たけくらべ』では吉原近くの大音寺前を舞台にして、思春期頃の少年少女の様子ある文章で描いた。他に日記も文学的価値が高い。
+ p8 [' P/ M- S. f
6 _3 {0 z! J# M+ U1 |6 u( C( d

; Y  m5 W1 y) G+ l
:樋口一叶(18721896年)出身于京府,是日本的小家、作家、歌人。是近代以后最初的女性作家。在短短24年的一生中,给现代文留下了大量作品。《青梅竹》以吉原附近的大音寺背景,用细腻的笔触描写了青春期少男少女的情怀。其他,在日方面也有很高的文学价

17.島崎藤村     島崎藤村% y& d' |6 u0 H
   島崎藤村(1872-1943年)、日本詩人、小説家。本名は、島崎春樹。北村透谷の雑誌『文学界』に参加し、浪漫的な第一詩集『若菜集』によって日本の近代詩の新境地を開く。後には小説家に転向、『破戒』を発表し、日本自然主義文学の先陣を切った。また、明治学院大学の第一期卒業生であり、同大学の校歌を作詞している。日本ペンクラブ創立者、初代会長。
0 E, `! ~5 W: T" V' A; M3 M
! M6 y  n% / [! T
4 j9 _$ E' M. W9 P4 h
:島崎藤村(18721943年)是日本的人、小家。原名島崎春。参加了北村透谷等创办志《文学界》,以第一本浪漫集《若菜集》,开创了日本近代的新境界。之后向小说发展,表了《破戒》,开创了日本自然主文学的先。另外,他是明治学院大学的第一届毕业生,是大学校歌的作者。是国会日本分会的立者,第一任会

18.志賀直哉   志賀直哉
7 E  L0 K8 p( , S
   志賀直哉(1883-1971年)は、小説家。白樺派を代表する小説家のひとり。代表作『暗夜行路』、『和解』、『城の崎にて』。% p% a! c" B. n$ G. }/ L
   白樺派の作家であるが、作品には自然主義の影響も指摘される。「小説の神様」または「短編小説の神様」と呼ばれる。無駄のない文章は小説の文体のひとつの理想と見なされ評価が高い。そのため作品は文章修業のための模写の題材にされることもある。芥川龍之介は、晩年志賀の小説を高く評価し自分の創作上の理想と呼んだ
" m2 m4 U4 H1 t  k4 f
2 t: _5 |. y5 c1 b( H
+ Z! }  z0 r! G/ h
:志賀直哉(1883~1971年)小家。是白派的代表作家之一。代表作有《暗夜行路》、《和解》、《在城崎》等。有人指出,他然是白派作家,但是作品受到了自然主的影响。《小神髓》也被称《短篇小之神》。他的文章不拖泥水,堪称小文体的一范本,价很高。因此曾被当作练习文章模仿的材。芥川之介曾高度贺晚年的小,称之是自己作的理想。

19.有島武郎   武郎$ C, g) d& v" E3 k3 U
   有島武郎(1878-1923年)東京生まれ。10歳で学習院予備科に入学。19歳で学習院中東全科を卒。その後札幌農学校キリスと教に感化された。卒業して軍隊生活を送った後、渡米。帰国後はふたたび予備見習士官や大学の英語講師として過ごしていたが、志賀直哉らと出会い同人誌『白樺』に参加。文学者としての活動を開始し、白樺派の中心人物の一人として小説や評論で活躍した。0 v$ S/ k5 O# ^
4 q4 }( Q1 B% z9 j8 V5 Z

- x0 v# g. x  H* C
:有武郎(18781923年)生于京。10岁进入学预备科学。19岁毕业于学院中全科。之后在札幌学院接受基督教感化。毕业以后服役,然后赴美。回国后,再次做了预备见习士官和大学的英语讲师,与志直哉等相,参加了《白志。始了文学活,作派中心人物在小评论方面十分活

20.谷崎潤一郎    谷崎一郎
7 t6 u" i: e& O  ]5 C
   処女作は『誕生』。耽美でき作品『刺青』が永井荷風に激賞され(三田文学)注目を受ける。以後耽美的作風で長短様々な小説をてがける。映画監督など新規の芸術にも興味を示す。関東大震災後は古典的な文体、題材で小説を書く。戦争のため中断していた『細雪』を終戦後に発表。同作により毎日出版文化賞、朝日文化賞を授与される。& # G$ u5 ~- Y; p; ?3 y" B' }' k

# Q! w$ U/ G3 Z. r+ k, ^
1 U2 e/ y2 _, e2 z+ X6 l. @
女作生》。其唯美作品《身》得到永井荷的大加赞赏,由此受到注。此后作了各种长短篇的唯美小对电演等新型艺术也表趣。关东大地震以后,始以古典的文体作小。由于争而中断的《雪》,表。凭借作品日出版文化以及朝日文

21.谷崎潤一郎と『春琴抄』  谷崎一郎と《春琴抄》
+ H4 b/ N% s( W  w   『春琴抄』に描かれた春琴と佐助の物語は、美しくまねできないほど完全な愛の姿を私たちに見せる。
* E. R; C7 M/ x) c2 o5 }3 ^& ?   美しい盲目のことの師、と奉公人、佐助の愛。春琴37歳のある夜、何者かが彼女の顔に熱湯を注いだ。佐助は醜い顔を見られることを恐れた春琴の気持ちを察して、自分の両眼を針で突いて悲しみに応じた。
( }4 Z; Z. Z! i3 ~6 X) ~- i   谷崎潤一郎(1866-1965)の代表作は『細雪』、『痴人の愛』、『卍』である。0 i. s1 ' @9 i* K8 I, Z
+ Y: x( e2 D( c7 u5 k8 J8 i" N
" C, {; _& ]  t6 j6 I9 r
:《春琴抄》中所描写的春琴与佐助的故事,是极其完美、无法模仿的。
7 m: U# w: f2 }. e; @! i  O       的盲人琴春琴与学徒佐助相。但在春琴37岁时的一个上,有人往她面部水。佐助察出春琴唯恐自己看到她丑陋面容的不安心情,便用把自己的双眼扎瞎,以安春琴那悲哀的心。  I- L# @7 M9 z
       谷崎一郎的代表作有《雪》、《痴人之》、《卍》等。
9 g2 C. Y" f2 Q3 F922.芥川龍之介  芥川之介
2 K( Z" n2 V) Y* _0 a+ V
   芥川龍之介は、1892年東京生まれ。中・高等学校のときは漢文が得意な秀才で、東京帝国大学科に入学。卒業後に発表した『芋粥』が注目され、新進作家としての地位を確立した。代表作は『鼻』『蜘蛛の糸』『羅生門』など。1927年、服毒自殺。35歳だった
) }: i' w9 b4 s; q; G6 q
* W: D3 ]) P( ^/ s( G3 w" A( ~
( }4 ^9 h1 z; J* g& m( t: _
:芥川之介,1892年生于京。初中、高中长汉文,后升入京帝国大学英文科。毕业表《芋粥》,受到目,确立了其新作家的地位。代表作有《鼻子》《蜘蛛》《》的那个。1927年服毒自,享年35

23.川端康成と『雪国』   川端康成与《雪国》6 Z6 U/ Q/ 2 c0 � u
   「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」" R, ~+ v- X2 Y8 a/ ?
   『雪国』の有名な書き出してである。これは川端の戦前の代表作で、近代日本抒情小説の古典とも言える。
8 S7 g% c7 d. n' |0 I
   川端康成(1899-1972)の代表作は『伊豆の踊り子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』である。1968年、ノーベル文学賞を受けた。1972年、自殺。
; M8 B% D- h0 T' `1 r+ Y
- f3 |9 b# c2 L5 |  V9 |9 |
6 M2 c0 c" X, Q+ X% t
穿国境线的隧道,就是雪国了。- i+ Y2 X/ A5 F
      
是川端康成前的代表作——《雪国》的著名起笔。《雪国》被誉日本近代抒情小典之作。$ t. b& L* ?# @9 F5 S! N3 C6 v
      
川端康成的代表作有《伊豆舞女》、《雪国》、《千羽》和《山之音》。1968年,他诺贝尔文学。1972年,自

24.井伏鱒二   井伏鱒二; C! t7 r9 }. ~5 }, u! J4 ?0 R
   井伏鱒二(1898-1993年)は小説家。本名は井伏満寿二。広島県福山市出身。早稲田大学中退。1937年に『ジョン万次郎漂流記』で第6回直木賞を受賞、1966年に文化勲章を受章した。他の代表作に、『黒い雨』『山椒魚』など。
# L. P7 o. e; k8 ^. b, J
, ]: P4 E$ N. C4 {% ^' J# U
# f( x6 F7 G& A  }. f, M3 ]
:井伏鱒二(1898~1993年)小家。原名井伏寿二。出生于广福山市。从早稻田大学中途退学。1937年以《翰万次郎漂流得第六届直木,1966年得文化章。其他的代表作有《黑雨》《山椒》等。

25.太宰治   太宰治3 s: z$ N& }0 Y# |
   太宰治(1909-1948年)青森県生まれの作家。5回の自殺未遂や小説のデカダン的とも言える作風のためか、真に迫った作風を好む作家として捉えられているが、実際はユーモアの溢れるものも残している。「無頼派」または「新戯作派」の一人に数えられる太宰は、頽廃的な作風を好んだ、と一般に言われている。しかしながら、太宰自身は頽廃的な作品を書きながらも、同世代の作家の中で最も「神を求めた人」であった、とする研究・評論も多くある。
: D" |9 J' S: [; h3 B+ J3 Y
# D2 h% ]/ c. n7 N6 ^( P* A
8 e* {6 P5 y' $ K4 m, n% G9 B* |
$ C+ i! f4 z/ p& ]1 u
:太宰治(19091948年),作家,生于青森可能由于5次自未遂以及颓废的作,被认为是喜好逼真作的作家,但实际上他也洋溢幽默气息的作品。被列派”以及“新作派”的太宰治,一般被认为爱颓废的作。但是有多研究、评论认为太宰治过颓废的作品,但却是同代作家中最“救助于神灵”的人。

26.三島由紀夫   ) I0 @' p' j+ X1 L
   三島由紀夫(1925-1970年)は、作家、劇作家。本名は平岡公威。東京市四谷区生まれ。学習院初等科から中等科および高等科を経て東京帝国大学法学部卒。卒業後、大蔵省国民貯蓄課に入省したが、9ヶ月で退職、作家として独立した。代表作は『仮面の告白』、『金閣寺』、『潮騒』、『豊饒の海』。戯曲に『近代能楽集』などがある。唯美的な作風で知られる。) g# C5 G% A( F! P# t$ f
0 n" V# Y8 S6 i

+ ]$ F. F# ]2 ?0 O5 c
:三夫(19251970年)作家、戏剧家。原名平公威。生于京市四谷区。从学院初等科到中等科,经过高等科,最后毕业京帝国大学法学部。毕业后,就于大藏省国民,9个月后退,成独立作家。代表作有《假面的告白》、《金寺》、《潮》、《丰的海》等。曲有《近代能集》等。以唯美作名。

27.大江健三郎   大江健三郎4 V, C. J; p5 K8 C2 B
   大江健三郎(1935-)作家、小説家。5 O. K4 ?1 A5 G. B4 Y
   東京大学仏文科卒。在学中の1957年、小説『奇妙な仕事』で「東大新聞」五月祭賞に入選。障害を持つ長男の誕生を主題として書かれた『個人的な体験』のほか、『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『同時代ゲーム』などが代表作。評論に『ヒロシマ・ノート』『沖縄ノート』など。1994年10月13日、川端康成に続く、日本人で2人目となるノーベル文学賞を受賞。受賞時の記念講演の題目は『あいまいな日本の私』。* Y, ?' W0 7 w. |0 C" o4 U6 ]

$ y  k, x+ _& 4 m& c
/ L% ^7 ]$ l1 P' X+ ]0 j

0 q& l3 b1 l- q; p& ^
:大江健三郎(1935—)作家、小家。
. k9 Q3 @! p/ E/ |, i$ d      
毕业京大学法文科。上学期,在1957年以小《奇妙的工作》入大新》五月节奖。除了以一个天生残疾的子出生的《个人的体》,有《万延元年的足球》《洪水淹没我的灵魂》《同代的游》等代表作。评论有《广岛纪事》、《冲绳纪事》等。1994年10月13日川端康成以后,成第二位诺贝尔文学的日本人。获奖时发表的演的目是《暖昧的日本的我》。

28.村上春樹  村上春/ X; ?5 c0 [8 + ?0 J
   村上春樹(1949-)は日本の小説家、米文学翻訳家。1980年代以降の日本文学、現代文学を代表する文学者である。小説、エッセイ、ノンフィクションの他、翻訳も手がける。翻訳文体の影響が見られる文章と多彩な比喩に特徴がある。村上龍と共にW村上と呼ばれ、日本の現代文学の新しい世代の作家として注目を集める。『ノルウェイの森』がベストセラーになった時には、若い女性に人気の流行作家としての一面が強調され、一部には安易な恋愛小説だと批判する文芸評論家もいた。$ Z6 H4 c; H+ ?8 Y;
$ n3 U0 . R. Y2 w

" d' O7 N( N- Q/ T
0 Q$ ]' k* ]1 L% z- |
:村上春1949年~)日本的小家、美国文学翻家。是1980年代以后日本文学、代文学代表人物。除小、散文、纪实文学以外,也及翻。其特征是具有翻痕迹的文章和新的比。与村上并称W村上,是日本代文学的新生力量。当《挪威的森林》成畅销书,有文艺评论强调他是吸引年女性的流行作家,批他的小是一部简单的恋

29.吉本バナナ   吉本芭娜娜) k' U! n6 @& ?) j0 p
   吉本バナナは、1964年吉本隆名(評論家・詩人)の次女として生まれ、、小さいころから作家になるのを夢見ていた。高校時代作品を書き始め、87年には『キッチン』で作家としてデビュー。その後、『TUGUMI』で、第2回山本周五郎賞を受賞し、現代の代表でき若手作家となっている。
, U& }/ k) @( u. B7 7 f
$ K; G2 C) `" ?) B
# E1 Y0 q% N0 f% {/ K
:吉本芭娜娜是吉本隆明(评论家、人)的二女儿,1964年生,从小就梦想成作家。高中始写作,87年女作《厨房》,成作家。之后,以《TUGUMI》在第二届山本周五郎奖获奖,成为现代具有代表性的年作家。

30.渡辺淳一    淳一
* E7 s' H; T, |" U
   1933年、北海道札幌市生まれ。札幌医学大学卒業後、同大学整形外科講師を経て、作家となる。70年『光と彩り』で直木賞受賞。80年『遠き落日』で吉川英治文学賞受賞。95年9月から1996年10月にかけて『日本経済新聞』に連載された『失楽園』は、単行本化され、上下巻合わせて約300万部と言う大ベストセラーとなった。9 ?9 T. l2 N6 @% [# C/ x
  
2 {1 Y' R8 T" N- ^4 w/ ~$ K

- h  U) P7 u! G
2 }" e* `$ o6 q& q
:1933年生于北海道札幌,札幌医科大学毕业后,留校任整形外科讲师,后成作家。70年代的《光与影》直木。80年代的《遥的落日》吉川英治文学。95年9月-96年10月连载在《日本经济》上的《失园》作为单行本行后,已300万册,成畅销书刊。

 


日语精彩阅读(文学30篇)

前一篇:日语精彩阅读(漫话谚语10篇)后一篇:日语精彩阅读(民间故事4篇)