日语能力考试N1必备惯用型总结(1)

間を置く

每隔一段时间,距离

○電車は五分の間をおいて出る


当てにする

指望,期盼,相信,期待

○人の援助を当てにする。


当てになる

靠得住

○あの男のいうことは少しも当てにならない。


息を飲む(いきをのむ)

吃惊,不由倒吸一口气

○思いがけないドラマの終わりに私はあっと息を飲む。


いつにない

与往常不同的,反常的

○彼はいつにない様子だ


居ながらにして

不出去就可以…

○我々は居ながらにして、世界のさまざまな生活を見ることができる


うなぎ登りに

直线上升的

○失業者はうなぎ登りに増える


上の空(うわのそら)

心神不宁

○上の空で聞いているから、分らないのだ。


大目玉を食う

挨了一顿严厉的训斥

○おやじに見つかって大目玉を食った


大目に見る

原谅,不过问

○大目に見てください


覚えがある

有经验,有目标,有信心

○腕に覚えがある 自信有本事


恩に着せる

要人领情,要人感恩

○彼は少しのことで恩に着せる。


顔を立てる

给面子

○私の顔を立てて「すみません」と言いなさい


陰口をきく(かげぐち)

暗中说坏话

○人の陰口をきくものではない


肩身が広い(かたみがひろい)

有面子,感到自豪

○君の成功を聞いてお父さんも肩身が広いだろう


角が立つ

关系紧张

○物を言いようで、角が立つ。 

一言不甚,关系便会紧张起来


気が気でない

着急,坐立不安

○バスがなかなか来ないので、学校に遅れはしないかと気が気でない


機嫌を取る

取悦,讨好,奉承

○彼は頻りに人の機嫌を取る


口と腹が違う

口是心非,口蜜腹剑

○あの人は口と腹が違う


首を横に振る

摇头,不同意,不赞成

○彼は私の案に首を横に振った


見当が付かない

难以估计

○距離はどのぐらいあるか、見当がつかない


舌が回る

喋喋不休,三寸不烂之舌,口齿清晰

○彼はよく舌が回る。


自腹を切る

自己掏腰包,自己出钱

○中止符を打つ


すべもない(術もない)  

无法…

○知る術もない。 无从得知


精が(を)出る

卖力气,勤奋工作

○あの人は仕事に精を出している


背を向ける

不加理睬,被判,离开

○都会に背を向ける若者が出てきているんです。


高が知れる

有限,没有什么了不起的

貯金があるが、高の知れたものだ


日语能力考试N1必备惯用型总结(1)

前一篇:N2真题语法出题频率总结后一篇:日语词汇的后缀词接的是这些

Advertisements


随心学


芸術   げいじゅつ      艺术

本站小程序


提供日语翻译、文字识别、中日词典、日中词典、日文歌词等功能,同时还有其他众多实用工具。