トヨタ、モビリティー企業へと脱皮図る ライバルと提携

 日本最大の製造業、トヨタ自動車が、移動サービスを本格的に手がける企業へと脱皮を図る。シェアサービスや自動運転車の普及でマイカー需要が減る懸念が強まる中、「ライバル」と名指ししたITの巨人、米アマゾンともあえて組む。  「車をつくる会社からモビリティー(移動手段)の会社へ変えることが私の目標だ」。米ラスベガスで9日始まった家電・技術見本市CESを前に、トヨタの豊田章男社長は、自動運転車を使った様々な移動サービスの基盤をつくると発表した。アマゾンや資本提携先のマツダに加え、相乗りタクシーのようなライドシェア事業を手がける米ウーバー・テクノロジーズ、中国の滴滴出行(ディディチューシン)と共同で開発していく。  初公開した電気自動車の試作車「eパレット・コンセプト」を使い、ライドシェアや商品の宅配といった運輸・物流のサービスを運転手なしで提供する基盤をつくる。移動型のホテルや店舗も想定する。車両の販売や貸し出しだけでなく、保守や保険でも稼ぎたい考えだ。  普及には各国の規制緩和が必要だが、各社との実証実験を2020年代前半から米国などで始める。他社の自動運転システムも載せられるようにし、提携の門戸はあらゆる企業にオープンにする。  提携相手の一つ、アマゾンは、豊田社長が昨年6月の株主総会で、米グーグルや米アップルと並んで「新しいライバル」と名指しした。ウーバーなども含むIT企業は、スマートフォンなどを駆使して小売りやコンテンツなど幅広い業種の既存企業を脅かしており、自動車も例外ではない。  IT企業が先行する自動運転車やそれを使った割安なシェアサービスが普及すると、米国の新車販売市場は40年までに4割縮む、と英金融大手のバークレイズは予測する。トヨタの「ドル箱市場」であり、ほかの先進国市場もこうした趨勢(すうせい)と無縁ではなさそうだ。  自動車各社は、サービス事業者…

合作伙伴和竞争对手丰田和移动公司促进蜕皮

 丰田汽车公司 Corp., 日本最大的制造企业, 在认真的推动下, 促进蜕皮。 在通过共享服务和汽车巨头、Amazon.com 和风险伙伴对汽车需求减少的担忧日益加剧之际, 该公司被选为 竞争对手。  我的目标是从一家制造汽车移动 (运输) 公司的公司转变。 它宣布, 它开始了第九在美国拉斯维加斯消费技术贸易展 CES 为各种移动服务创建一个基础的二手车丰田的丰田章男, 之前。 在美国的业务下降除了一个马自达亚马逊和资本合作伙伴, 如乘坐出租车 OK 的技术, 中国辍学 (didityusin) 和共同发展。  奠定基础, 提供 OK 或产品交付, 运输和物流服务没有司机, 使他的第一辆公共电动车原型车 e 调色板的概念使用。 我们假设移动酒店和商店。 我认为你想赚取以及汽车销售, 租赁, 维修和保险。  在美国, 包括从2020代初开始, 进行国际放松管制是必要的。 此外, 第三个自动驾驶系统安装到联盟的大门是开放给公司。  去年 6月, 在股东大会上, 一个亚马逊公司的合伙人, 谷歌 Inc. 和苹果, 以及新的竞争对手被挑选出来。 IT 公司, 包括威胁现有的使用智能手机的公司, 如内容和零售范围广泛的行业和汽车也不例外。  和自动驾驶车辆与领先的 it 公司和廉价的股票服务使用它来传播新的汽车市场在美国将萎缩4% 至40年, 并预测英国金融巨头巴克莱。 丰田的摇钱树市场和其他发达国家市场这些趋势 (趋势) 不变, 不太可能。  汽车制造商的服务供应商..。

推荐阅读