JR東日本の初代社長、住田正二さん死去 95歳

 JR東日本の初代社長で、元運輸事務次官の住田正二(すみた・しょうじ)さんが、昨年12月20日に老衰で死去していたことがわかった。95歳だった。葬儀は親族で営んだ。後日、お別れの会を開くが、日程などは未定。問い合わせは同社総務部秘書グループ(03・5334・1215)。  47年、運輸省(現国土交通省)に入省。官房長、鉄道監督局長などを経て78年6月、事務次官に。退官後は、臨時行政調査会の専門委員や、国鉄再建監理委員会委員などを歴任し、国鉄の分割・民営化へのレールを敷いた。87年4月、国鉄の分割・民営化で発足したJR東日本の初代社長に就任。民営会社に移行後の同社の経営基盤を固めた。

JR 东日本第一任会长, 95-year-old Sumita 逝世

 JR 东日本的第一任总裁 Sumita, 前交通秘书 (Sumita, 章) 克劳斯, 发现在12/20 已经死于老年。 这是一个 95 year-old。 参加家庭葬礼的人 在晚些时候再会, 但这样的日期尚未。 联系公司事务部秘书组 (03.5334/1215)。  于1972年加入交通部 (现部) 部。 如首席内阁书记、火车总监 6/78, 一名秘书。 退役后, 担任临时行政专业委员会和日本全国铁路改建管理委员会委员, 为铁路的分工和私有化奠定了一条轨道。 他成为了4/87 的第一任总统, 在 JR 东日本的分部和私有化建立了。 私有公司凝固了迁移它的商业基地。

推荐阅读