トランプ減税の効果「不明確」 米FOMC議事要旨

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、金融政策を決める先月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録要旨を公表した。多くの参加者が、トランプ政権による減税が実施された場合、設備投資などをいくらか押し上げるものの、効果の程度については「不明確だ」との見方を示した。  FRBは先月、昨年3度目の利上げを決め、今年も「3回」の利上げを想定した。米国では先月、法人税の大幅な引き下げなどを含む税制改革法案が成立。トランプ政権は減税で今年4%成長も可能と強気の見方を示すが、FRBは今年の成長見通しを2・5%としており、効果は「控えめ」とみている。  利上げの先行きについても意見が割れた。数人の参加者は、物価上昇率が「年2%」の目標を下回っていることから、今年3回の利上げに難色を表明。一方で、他の数人は「低金利が長引けば金融市場の混乱につながる」として、より速いペースの利上げが適切だとの見方を示した。(ワシントン=五十嵐大介)

减税的效果胜过 模棱两可 的美国再投资

 美国中央银行美联储 (fed) 上月宣布, 决定货币政策三天, 联邦公开市场委员会 (FOMC) 会议纪要。 但是, 如果许多参与者都是通过特朗普政府的减税政策, 推动商业固定投资, 一些人表示 不清楚 的影响程度。  去年, 美联储决定提高利率三倍, 并考虑到今年的 三倍 加息。 上月在美国, 包括税务改革法案在内的公司税大幅减少已获批准。 特朗普政府减税今年4% 的增长可能会看涨, 表明美联储今年和2.5 的增长前景, 并看到 适度 的效果。  对加息前景的分歧。 参加人数, 表示不愿今年加息三次, 低于通胀目标在 2%, 然后。 另一方面, 表达了这样的观点, 另外还有两个 导致金融动荡拖累低利率 的情况, 更 fast-paced 的加息是适当的。 (Washington-50 风暴大)

推荐阅读