日语中可以用“打屁股”来加油鼓劲?

尻を叩く(しりをたたく)

1.打屁股。2.督促,催促。(siliotataku)

「尻を叩く」とは「古くから伝わる躾などの代表的な行為だが、現在は相手を励ましたり催促する事」です。今時「頑張れ」と言いながら相手を殴る体罰はまずありませんが、言葉としては当時の名残が色濃く残っていてそれが「尻を叩く」です。諸説ありますが、お尻は脂肪が厚いので叩いても悪影響はないと信じられ、子供への躾や折檻では当たり前のようにされてきました。時代と言えばそれまでですが、そんな「尻を叩く」の解説となります。

“尻を叩く”是“自古以来流传下来的管教等的代表性行为,现在是鼓励和催促对方的意思”。虽然现在基本上没有一边说“加油”一边对对方进行体罚的行为,但是作为语言来说,留下了当时很深的印记,那就是“尻を叩く”。众说纷纭,人们认为臀部脂肪厚,敲打也不会有什么不好的影响,所以理所当然的用来对孩子进行管教和责打。当时的含义就是这样了,这就是关于“尻を叩く”的解说。

「尻を叩く」の意味は以下の通りとなります。

“尻を叩く”的含义如下。

(1)やる気が出るように相手を励ましたり、或いは催促する事。

(1)鼓励或催促对方拿出干劲。

(2)相手に働きかけたり、行動するように促す。

(2)催促对方动起来,行动起来。

(3)臀部に打撃を加えて音を出す行為で、かつては躾や折檻として頻繁に行われていた。

(3)指击打臀部发出声音的行为,曾经作为管教和责打而频繁进行。

「尻を叩く」は肛門付近の肉付き良い部分を叩く行為ともなりますが、一般的にはやる気が出るように働きかけたり励ましや催促する事です。諸説ありますが、昔は子供が悪い事をすると親が頭を叩いたりお尻を叩いたり、又は押し入れや納屋(蔵・倉庫)などに閉じ込めて反省という名の虐待や折檻めいた行為が横行していました。子供同士でも遊びやふざけとして、互いにお尻を叩きあったりする行為が全国各地で普通に行われていて、後は競馬でも馬に鞭を入れるのもお尻に対してです。そんな背景から体を叩くのはどこか躊躇するが、お尻はOKやスキンシップの一環という流れがあったのは間違いありません。

“尻を叩く”是指拍打肛门附近肉厚部分的行为,但是一般来说,是为了让人有干劲而进行的鼓励和催促。有各种说法,以前孩子做坏事的时候,父母会拍脑袋、拍屁股,或者关在壁橱和仓库里,以反省为名进行虐待和责打行为横行。即使是孩子们也会在一起玩或者玩笑话的时候,互相拍屁股,这一行为在全国各地都很普遍,赛马时也是鞭打马屁股。在这样的背景下打人还是会有点犹豫,但是屁股是OK的,作为身体接触的一环是没有问题的。

現に某バラエティ番組では罰ゲームとしてお尻をバットで叩く「ケツバット」が長年に渡り実施されてきたほどです。頭や体を叩くのは体罰やイジメと目くじらを立てますが、お尻を叩くのはどこか容認される空気感があり、もちろん大人が本気を出して子供の尻を叩くのはご法度ですが軽めにお尻ぺんぺん、又は強めでも脂肪が痛みを和らげるので反省を促す行為として、問題扱いがされなかったのです。

现在在某娱乐节目中,作为惩罚游戏,用球棒敲打屁股的“腚棒”也已经存在了多年。敲头和身体会被人认为是体罚、欺凌,但是打屁股总有一种被认可的感觉,当然大人用全力打孩子的屁股是不可以的,但是轻拍屁股或者是虽然用力,但是脂肪可以缓解部分疼痛,作为敦促反省的行为,还没有被当作问题来处理。

そんな事から諺としても、「頭を叩く」は存在しませんが「尻を叩く」はやる気を促すとして現在も普通に使われています。しかし、尻を叩くからやる気が出るのは謎ですし、昔の習慣が言葉として残っていると理解するに留めるべきでしょう。

从这一点来看,即使是谚语,也不存在“頭を叩く”,但是“尻を叩く”作为敦促干劲,现在也很普遍地在使用。但是,因为打屁股所以才有干劲这仍是个谜,应该理解成以前的习惯作为语言留存至今。

尻を叩くの由来

尻を叩く的由来

「尻を叩く」の由来は残念ながら不明ですが、欧米各国でも「スパンキング」(spanking)と呼ばれ大変歴史がある躾や体罰や性的嗜好となっています。悪い行為を働いた子供への躾、罰則としての体罰、又は大人同士の性的興奮を高める行為として古くから行われていて、日本でも同様ですが追加するなら子供同士での遊びめいた行為という点もあります。お尻は脳から離れていて脂肪も厚いので叩いても大丈夫という安易な発想から定着したようで、昭和時代は両親だけでなく教師や塾講師なども御仕置として子供にやっていましたが、平成に入る頃には自然と廃れていきました。

“尻を叩く”的由来,很遗憾还不明确,欧美各国也将其称为“spanking”,在历史上也是管教体罚和性嗜好的行为。对做了坏事的孩子进行管教,作为惩罚规则进行体罚,或者作为提高成人之间性兴奋的行为从很早以前就开始了,在日本也同样,还多了一种,孩子们之间玩耍的行为。屁股远离大脑脂肪也很厚,所以打了也没关系,这种简单的想法已经固定下来了。昭和时代不仅父母,老师和补习班讲师等也会打孩子屁股作为惩处,进入平成时代渐渐被废弃了。

尻を叩くの文章・例文

尻を叩く的文章・例句

例文1.愛犬は寝てばかりで番犬として役に立たないので、尻を叩いて奮起させようとしたら、その右手を思いっきり噛まれてしまった。

例句1:爱犬总是睡觉,作为看门狗没什么用,所以想:打屁股让它振作起来,结果右手被它狠狠地咬了一口。

例文2.夫婦二人での自営業なので、昼間は妻から仕事をするように尻を叩かれ、夜になると逆に妻の尻を叩く事で円満だと思っていたら、休日になると他所の男にも叩かれて喜びを感じる浮気癖があると知って、電柱に頭をぶつけるぐらいショックを受けた。

例句2:因为是夫妇二人的个体经营,所以白天会被妻子催促工作,到了晚上反过来打妻子屁股,本以为很圆满,但是到了休息日,知道妻子有外遇喜欢被别的男人打,受到的冲击仿佛头撞到电线杆。

例文3.信号が変わったのに前の車が発進をしないので、尻を叩こうとクラクションを軽く鳴らしたら、その瞬間に輩のような男が手には木刀やスパナを持って3人降りてきて、このままでは殺されると思ったら、私の後ろがパトカーだったので一命を取り留めた。

例句3:因为信号灯变了,前面的车没开,所以想轻轻地按喇叭催促他,那一瞬间,3个像我一样的男人手里拿着木刀和扳手从车上下来,还以为要狗带了,因为我后面是巡逻车,所以保住了一条命。

例文4.職場で「そこは違うよ」「もっと真剣に」と自分では発破をかけていたつもりだったが、部下から「尻を叩くのはもう止めて下さい」とパワハラ扱いをされ、その後は社内で大きな問題となり閑職に追い込まれてしまった。

例句4:在公司里,原本打算发火说“那是不对的”“再认真一点”,结果被部下说“请不要再催促我了”被当成了职权骚扰,然后在公司里成了大问题,被迫做了闲职。

例文5.あと一点差まで追い上げたので、残り時間は10分少々だが仲間の尻を叩いて頑張るように気合を入れたら、最後に俺のミスで追加点を奪われ高校生活最後のサッカーの試合が無残に終わった。

例句5:追到了一分之差,剩下的时间只剩下还不到10分钟了,为了加油打气打了打同伴的屁股,最后还是因为我的失误而被夺走了追加分,高中生活最后的足球比赛残酷地结束了。

気合入れや叩く行為として「尻を叩く」を使った例文です。

这是作为鼓劲和敲打行为使用“尻を叩く”的例句。

尻を叩くの会話例

尻を叩く的对话例句

どれ、ちょっと成績表見せてよ。

哪个,让我看看成绩表。

あなた、怒らないで上げてよ。あの子なりに頑張っているんだから。

老公,看了你别生气。那个孩子也在按照自己的方式努力着。

でもちょっと悪すぎないか?少し尻を叩く意味でも、塾や家庭教師を付けるか?

但是是不是也太糟了?即使是稍微激励下他,要不要上个补习班或请个家庭教师?

ダメよ。あの子はそんなお金があるなら小遣い上げろっていうから…。勉強嫌いは誰に似たのかしら。

不行。那个孩子会说如果有那样的钱的话就给点零花钱…。讨厌学习这点不知道和谁一样呢。

成績が悪い子供について両親が今後について話し合っています。

关于成绩不好的孩子,父母正在讨论今后的事情。

「尻を叩く」の類義語には、「発破をかける」「激を飛ばす」「催促」「せがむ」「横槍を入れる」などの言葉が挙げられます。

“尻を叩く”的近义词有“発破をかける”、“激を飛ばす”、“催促”、“せがむ”、“横槍を入れる”等。

「発破をかける」の対義語には、「妨げる」「罵倒」「誘惑」などの言葉が挙げられます。

“発破をかける”的反义词有“妨げる”、“罵倒”、“誘惑”等。

尻を叩くまとめ

尻を叩く总结

「尻を叩く」は「頑張れ」「あと少し」「ファイト」などの言葉を掛けるなどしてやる気が出るように励ましたりエールを送る行為であり、また早くするように催促する事でもあります。母親が幼い我が子のお尻をペンペンと躾する印象が強いですが、実は日本だけでなく世界中で昔から行われてきた躾・体罰・性的嗜好という側面もある行為で、それが現在は励ましや催促として定着しています。

“尻を叩く”用在“加油(頑張れ)”、“还差一点(あと少し)”、“fight(ファイト)”等词汇时,鼓励对方拿出干劲,为其应援的行为,也有催促对方快点做的含义。这个词指母亲打自己年幼孩子的屁股来管教的印象很深刻,但实际上不仅仅是日本,在世界上也指从以前流传下来的管教、体罚、性嗜好这一行为,但现在已经固定表示为鼓励和催促的词汇了。

作者 admin